読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャラクター販売とステータス販売 / 新うどん体験

 主張です。世界的に動いてはいるけど、実現するんだろうか。

 

前提としてキャラクターの好悪は文化に強く依存していて、日本のオタク用のキャラはアジアの一部と世界のごく一部のオタクにしか受けないとかそんなん。また、人によって当然好きなキャラが違うので、とりあえずたくさん用意しましたというのが、妹がn人いるやつからの系譜だろうか。いやもっと前からかも。

というわけで、日本をターゲットにしたスマートフォンゲームとかガチャのあるやつは大抵キャラクターを売っている。そして、付加価値として市場価値の高いキャラクターはゲームの中で強いステータスが振られている。

しかし、主に私が不満なだけなのだけど、キャラクターへの愛着がほとんどない人々が、ゲームの進行としてはオレツエーをしたい場合にガチャで大金を出せというのはあんまりではないか。私はキャラクターが買いたいのではなく、ゲームを楽にプレイするためのステータスを買いたいだけなのに。

なので、私のわがままとしての主張は、ステータスとキャラクターを別々に売り、キャラクターは高価に、ステータスは安価にしてほしいというものである。例えばステータスを装備として販売するとか。*1

ここで問題になるのはキャラクター本体に強さを残すかどうかで、たぶん残すのは残した方が良い。強くて市場価値の高いキャラクターを所有したいユーザも当然たくさんいるから今の市場があるわけで、市場価値高い - 強い, 市場価値低い - 強い or 装備品で強い を別々の販売システムとして提供すると私のようなキャラ愛わからん人間も満足できそうではある。

一応、自分が嬉しい以外のメリットを挙げると、

  • キャラクターを差し替えてローカライズ、カルチャライズするだけで国際展開ができるかもしれない
  • 脳を使わずにとりあえず微課金*2でゲームを進めたいユーザを挫折させずに済む*3
  • FGOのような面倒すぎる戦闘は楽してキャラクターとのコミュニケーションができる

など。

こんな施策をやって全体としての売上がどうなるかは誰にもわからないので、どこかの会社が実験してくれないかな。

 

うどん凄くてジムについて柔軟、有酸素運動、筋トレをする間、うどんを耳から外す必要が全くない。これは体験ですよ。

もちろん家でも同様に外す必要がないです。

*1:FGOがそれと言えないこともないけど、ガチャとしてのシステムがクソなので厳しい

*2:本当に微課金

*3:みんな疲れてるんやで