読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

データ構造とアルゴリズム

アルバイトも含めてプログラマとしてはそこそこ経験を積んだが、年々データ構造とアルゴリズムの偉大さを噛みしめるばかり。とはいえまだデータ構造とアルゴリズムを理解した!といえるほどメンタルモデルができてないので、その理由についてはうまく言語化することができない。

計算機科学をやる学科では最初の頃にこの分野を習うのだけど、コードを書いた経験が少ないうちはなかなか有り難みが理解できなかった。習うより使わないとわからん度が高い領域ではあると思う。

私はインターネットを使ったシステムを作る屋さんだからだとは思うが、超難しいアルゴリズムを駆使して実装なんてことはほとんどなくて、実際にはデータ構造の定義で難しい問題がシュッと解けることが多い。

つまり実務であてはめるとモデル設計の時点で多くの問題を解決できるともいえる。ではあるのだけど、我々は想像力が足りないのである時点での局所最適なモデル設計をしてしまって、あとから改修するはめになる。

しかし、データ構造の設計は解こうとしている問題、つまりその場その場での要求や仕様に依存するので、一般的な解はなく、我々の経験に暗黙知が蓄積されて各々の問題に対していい感じにやるしかないのが現状かもしれない。

注意しておきたいのは、データ構造とアルゴリズムが可分でデータ構造のみを称揚する意図はないという点である。現実の問題を解くという点ではデータ構造だけで解決できるものはなく、両方を使ってようやくまともな解ができるような気がする。つまり、データ構造もアルゴリズムも両方手足として使えるようになり、全体最適を目指しましょうというオチになりました。