srknr.hatenablog.com

これを読んで気づいたのが以下。

AppStoreの上位が企業によるアプリケーションで占められているように、いくら生産手段が労働者に属しているとはいえ、分業と豊富なリソースでの殴り合いに個人は勝てない。そういう意味では富と人間を集約した労使関係が必要にはなるのだけど、会社組織の構成員はそれぞれ生産手段を独占しているので、資本家が生産手段を有していた時代に比べるとだいぶ労働者が強く、マネジメント層は労働者と仲良く働いていく必要が出てくる。

基本的にみなさんがエンジニアと呼んでいる労働者は、優秀であればあるほど上司や会社の言うことを聞く必要がない権利を有しているので、優秀な労働者を使ってうまくやっていくには快適な労働環境や労働者が共感できる文化が必要なのだろう。

このことにGoogleは相当前から気づいていたようで、組織に跨る文化を何よりも重視していたようだ。

属人化の問題はどうしようもないので、ユビキタス言語とか言い出した人がいるのかもしれない。