音声入力で読書メモ

 やりかた

  1. Google Docsを開く
  2. [ツール] - [音声入力]
  3. 本を数ページ読む
  4. 理解した内容を声に出して要約する
  5. Scrapboxに転記して、キーワードにリンクを貼る(任意)

よい点

  • キーボードを使わないので、手は本を持ったまま
  • 寝転んで読書していてもメモが残る
  • 音声のほうがキーボードより出力スピードがはやい
  • いったん頭のなかで要約をするので、理解がすすむ

よくない点

  • カフェなどでは不可能
  • Google Docsでの音声入力は句読点と改行を入れてくれない

感想

  • Googleの音声入力かなり精度がよい*1
  • 自分で理解したっぽいものが残るので、読書をしても数日で忘れてしまう問題を解決できそう(忘れても問題がない)
  • 読書メモとしてはかなり効率がよい
  • Scrapbox上でリンクをちまちま貼っていく作業はだるい
  • ページあるいは段落の見出しは読み上げておいたほうが、後で見返したときにインデックスとなりそう
  • 本でなくても、webページ、動画教材の内容を要約して記録できる

*1:使えばわかる