ブログは縦書きでもよいのか?

日本語はどういう言語か (講談社学術文庫)

日本語はどういう言語か (講談社学術文庫)

 

「日本語とはどういう言語か」という本📕を読んでいます。言語とはなにか?🤔にはじまり、次第に日本語の詳細に立ち入っていく構成をしています。いま半分くらいまで読みすすめています。

 おもしろかったのが、「なぜ横書き日本語は読みにくいのか?」という疑問に答える章でした。なぜ横書き日本語が読みにくいのかというと、視界にはいる単語の数が多いからだそうです。欧州の言語とちがって日本語はたった一文字の助詞が大活躍する言語です。英語には一文字の単語なんてほとんどないでしょう。つまり、日本語は面積あたりの単語の密度が高いのです。横書き推進派は、人間の目👀が横並びについているから横書きがよいのだと言うそうです。私も画像や動画については賛成です。しかし、単語密度の高い文章でぱっと見の情報量が多くても混乱するだけなのです🙀。

 というわけで、このブログも縦書きの記事を書いてみることにしました。ちなみに、はてなブログをレスポンシブな縦書きにする - anti scrollをそのまま利用しています。カスタマイズとしては、フォントサイズと縦幅を少しいじっています。

 おもしろいのが、この文章を縦書き目当てで書いていると文体も少し変わってくる点です。編集画面では横書きで書いているのに、明らかに頭の中で別のモードが動いています。長文になることも厭う気がありません。これはこれでおもしろく、また、縦書きのほうが日記っぽさが出てくる気もするので、しばらく気分と内容に応じて縦書きを使ってみようと思います。

 ちなみに、はてなブログのPRO会員ではないので、スマートフォンでは縦書きブログを読ませられないようです。課金するか⁉