胃カメラ体験

待合室

  • 胃の粘液をとる薬の入ったお茶を飲む

準備

  • 施術室へ移動
  • ベッドに仰向けで横になる
  • 採血
    • そのまま点滴に切り替え
    • 水分補給と言っていたので、おそらく生理食塩水
  • 鼻から鼻の通りをよくする薬を注入
    • めちゃくちゃ鼻が通るようになる
  • 鼻から麻酔のゼリーをいれる、2回
    • 1回目はひりひりしたが、2回目はすーっと通った
    • 喉が動かなくなりつばが飲み込めない
    • 無理に呑み込むとむせるので、唾液は口から垂れ流すよう言われる
      • 歯医者の麻酔でアレルギーになる人はだめな麻酔らしい

胃カメラ挿入

  • 左脇を下にする姿勢に切り替え
  • 喉が制御できないけど呼吸はできてるから大丈夫ですよ〜と言われる
  • 点滴に安定剤を追加
    • 意識がフニャッとしてくる
    • ここまでで20分くらい
  • 医者が来る
    • おもむろに鼻からいれはじめる
      • 2箇所通りにくい場所があるらしい
      • 少し通す時に痛さはあった
    • 緊張してたので、内視鏡のカメラを写したテレビを見るように言われる
      • 胃カメラ映像おもしろくて注視できた
        • VRにならないかな
      • 看護師の手が常に二の腕、肩に置かれていた
        • 安心させるためだろう

観察

  • 胃は伸び縮みしまくるピンクの袋
  • ときどき液体によって映像が乱れることがあったが、何なのか不明
  • まず大まかにチェックしてから、十二指腸に入る
    • ひだひだしてて腸ってかんじ
    • 十二指腸は短くて、小腸付近まで行ったらすぐでてくる
  • 次に胃の中に空気を入れ、膨らませてから観察
    • 目視では目立った異変なさそうとのこと
    • げっぷの出やすい構造かもとは言われた
  • 内視鏡に棒を突っ込んで、胃の粘膜を採取 × 2
    • 洗濯ばさみのついた触手が伸びてガッと粘膜を挟み込み、ブチっと引っ張って採取してた
      • 確実に組織を持ってかえる気概が感じられた
    • 千切るときはぜんぜん痛くない
      • あとで食後に痛んだ
    • 血が出ていたようにみえる
  • するすると内視鏡を抜いていっておわり
  • 胃カメラ挿入してから抜くまで10分くらい
  • 点滴外して立ち上がり休憩へ

休憩

  • 鼻と喉の感覚がなくて、唾液を口から出す作業
  • 安定剤の影響で少しフラフラする
  • しばらく鼻が言うこと聞かない
  • 喉は回復早かった

診察

  • すっきりつるりと綺麗な胃で不調の原因はわからず
  • ピロリ菌検査待ち

その後

  • 一時間くらいは鼻が麻痺していた
  • 鼻の中に麻酔ゼリーが残っていてたいへん
  • 内視鏡突っ込んだ鼻から血の塊が出てくる

感想

  • 怖かったけど評判通りきつくはない
  • 喉、食道、胃、十二指腸を直接観測できて便利
    • しかも組織が採取できる
    • 問題の切り分けに重要な手段
  • 粘膜に作用する薬は効き目が早くてびっくりした
  • 胃潰瘍の可能性がなくなり???
    • 油と香辛料の食生活で胆汁の分泌が不調 or 腸内細菌叢がバグってる or 自立神経の問題