コードを書き始める前に

  • 紙とペン、あるいは別のデバイスのメモ帳などで考えを深める
    • 方針が定まる前にPCに向かうと、ひたすら関係ないテキストを眺めて現実逃避をする
    • 実装方針を考えるのに必要な情報収集はやってもよい、むしろ早い段階にやれ
    • 調子のよいときには、紙の上でコードまで書ける
      • PCでは清書とデバッグをやる、これは頭をつかう必要がない
    • 電子的なメモでもなんでもよいとは思うが、私はよりプリミティブな紙と万年筆でやっている
      • 目の前に紙しかない状況が、気の散りやすい自分にとっては重要
      • 理想的には、背後か横に書き物専用の机がほしい
  • 考えが足りなくて詰まったらPCから離れて、👆へ戻る
    • ややこしいデバッグの整理をするときも有用
  • 紙を前にしても整理できないとき
    • 疲労が溜まっているので昼寝か散歩をする
    • 情報とか制約が足りないので、仕様やドキュメントをよく読む

ということまで理解しているが、実践するときに忘れがちなので困る。