高速コードレビュー

  1. Pull Requestのページを開く
  2. Chromeを全画面モードにする
  3. トラックパッドでピンチアウトし、画面を最大まで拡大する
  4. リラックスした姿勢をとる
  5. 大きな文字でコードの意味がシュッと理解できる

2560x1440くらいの横長のディスプレイだと最高。以上です。