iPhoneとヘッドホンのBluetooth音楽体験をまともにする

 以上。

 

背景

 iPhoneBluetoothヘッドホンで音楽を鳴らすときに、AACというコーデックを使います。Androidの場合は、Sonyの作ったLDACとQualcommの作ったapt-X一族が標準(要出典)です。現代のBluetoothヘッドホンはAACに加えてapt-Xに対応したものがあります。Sony製品であればLDACも標準搭載でしょう(たぶん)。

 なにが問題かと言うと、AACで変換された音楽、LDACとapt-Xよりも音質*1*2が劣ります。せっかく高いヘッドホンを買ってもなんだか曇った音でお気に入りのプレイリストを流すことになります。Apple製品にLDACあるいはapt-Xの実装が入る様子は見られません。

 LDACかapt-Xで再生したくないですか??? 私はどうしてもAACから脱却したかったのです。というわけで、冒頭のtweetがその解です。別解として「LDAC対応のAndroid(5〜10万円)を買う」「ストリーミング再生サービスの利用を諦めてWALKMANを買う」があります。これはたいへんですね。 

 この製品は、「再生機器に挿してヘッドホンとのBluetooth通信を中継してくれる君」です。この人、BT-W2くんがApt-Xに対応しています。iPhoneとの接続は「Lightning to USB Camera Adapter」を使います。これはAmazonだと偽物が出品されている?ほんまか?という噂があるので、ヨドバシかなにかで買うとよいでしょう。合計7千円くらいです。

得られたもの

 じっさいに音がよい(主観)です。ほんとうです信じてください。。。

 高温域が以前より聴こえるようになりました。英語の発音を聴き取るのにも重宝しそうです。遅延や音が切れたりといったこともありません。

 また、「ヘッドホンの接続デバイスを変えるときに、ソフトウェア操作がいらなくなった」利点も発生しました。なぜなら、BT-W2くんとペアリングされているので、USBを挿したらそのデバイスの音がなります。便利ですね。物理世界のUIは最強。

人によっては困ること

 ヘッドホン側に音量制御機能がついていないと、音量が変わらないらしいです。どんな体験になるのかはよくわかりませんが。

まとめ

  • Apple製品とBluetoothヘッドホンの組み合わせは音に難がある
  • BT-W2くんあるいは同様の製品で解決ができる
  • Bluetoothつなぎ直し操作が楽になる

3つ目のメリットが副作用にしてはよい体験だったので、Androidユーザの方にもおすすめです。

*1:宗教・勘違い・主観です

*2:音質とはなんなのか???