non117's diary

料理と哲学をします

週報 2022/05/15 準完全栄養食炊き込みごはん

炊き込みごはんを作るようになった 炊き込みごはんのおにぎりは好みだったが、自分で作ったことはなかった。 先日、スーパーで炊き込みごはんのレトルトを発見し、気軽に試せるのを知った。ゴボウ、ニンジン、鶏肉と調味液が入ったレトルトで、ごはんを炊く…

週報 2022/05/08 アウトライナーを作っていたら連休が終わった

アウトライナーを作っていたら連休が終わった 連休中はほぼ毎日6〜8時間くらいプログラミングをしていた。仕事ではない。趣味のアウトラインプロセッサづくりである。 昼に起きて昼食を食べたあとのろのろとコードを書き始め、夕方に調理休憩を挟んだあと22…

週報 2022/05/01 『みんなのユニバーサル文章術』を読んだ, 体力を使いきる前に休むために瞑想をしてみる ほか

気合いで仕事を片づけて10連休に突入した。休みのあいだにアウトライナー作りを進め、ダイソン球を建設する予定になっている。 『みんなのユニバーサル文章術』を読んだ みんなのユニバーサル文章術 今すぐ役に立つ「最強」の日本語ライティングの世界 (星海…

週報 2022/04/24 データ構造の設計をまちがえた話

近況 なぜか江南スタイルのPVをみていた。曲もわかりやすくダンスもうまくて癖になる。特に序盤でPSYと男児が踊ってるところを気にいっている。 ヤクルト1000 睡眠がよくなるという噂のヤクルト1000を飲んでみた。 だが、数日続けても変わった感じはしない。…

週報 2022/04/17 プログラミングの目標がない人のためのビルドツール実装

近況 あまりに天気が良くて鴨川に行ってみた。 自転車だと意外と近くて15分くらい。道は御池通を選んだ。広いので走りやすい。京都は観光客・自動車がそこらじゅうにいるのでルート選択が大事なのだ。 『うつ病九段』に、「メンタルをやった人は自然に触れる…

週報 2022/04/10 アウトラインプロセッサ

近況 さいきん布団の調整が難しい。寒暖差が激しいし、夜の気温も日によって違う。 週の前半は寝冷えで睡眠が悪かったが、頭寒足熱になるよう毛布をかけたらよく眠れるようになった。毛布を下半身にかけて、羽毛布団を全身にかける。私は布団を蹴るタイプで…

週報2022/04/03 土井善晴氏の観察から出てきた大阪文化の分析

近況 春 一瞬暖かくなったのに油断して布団を薄くしたら夜中に冷えて体調が終わってしまった。春はこわい。安易に布団を薄くすると冷えて死ぬので、気候が安定するまでは厚着、重厚布団に倒しておくのが良いのだと思う。 冷えは漢方(中国医学)でも万病のも…

週報 2022/03/27 仮想ヒールを意識する、停電するかも事件

近況 春の体調は気まぐれなようで、調子の良い日と調子の悪い日が交互にやってくる。鍼の先生によると、体力が減り自律神経が乱れるのが春なのだと言う。 それなりに暖かくなってきたおかげで持病の冷え性は楽になっているが、まだ油断はならない。京都の四…

週報2022/03/20 防災意識の高まり

近況 季節のせいなのか眠い日が多かった。鍼では五臓のうち四臓が悪いと言われ、土曜日は食べるたびに寝る生活をしていた。鍼師のせんせーには「あなたは気候の影響を受けやすいので、ダメなときは散歩をしてください」と言われた。 体調が悪くなり判断力が…

週報 2022/03/12 日記用アプリをUlyssesに乗りかえた, 信用と平等さについて

近況 今週は漫画のアシスタント作業をしていた。 家業となっている漫画制作は二、三週間の周期で締め切りがやってくる。締め切りといっても特に約束をしているわけではないので、完成し次第アップロードするものだが、一応この日には完成させたいねという目…

週報 2022/03/06 姿勢改善, 判断と独裁

近況 今週は調子が悪かった。一日中眠かったり気分が落ち込むことがあったり。原因は気候の変化だと思う。 この時期は木の芽どきと呼ばれる季節で、精神科・心療内科では要注意とされる季節である。木の芽が芽吹いて生物が活発になりはじめる時期なのだが、…

週報 2022/02/27 プロテイン, Gatherで部室を作る, 歯ブラシ

近況 冷え性対策のためにタンパク質を重視する生活にしてみようと思った。 日本人はタンパク質の摂取量が足りないとよく言われる。我が家は自炊がメインなのでそれなりに肉の量には気をつけているのだが、実際にはよく手足が冷えてしまう。きっとタンパク質…

週報2022/02/20 レビューしやすいブランチ作り, 肉は煮込むと臭くなる

近況 寝つきが悪くておかしいなと思っていたら、夜に飲むジャスミン茶が原因だった。ジャスミン茶は花か何かのお茶であり、カフェインは入っていないものだと思っていたのだが、調べてみると緑茶などに香りをつけたお茶であった。緑茶がベースなので当然カフ…

週報2022/02/13 漫画のネーム, 日本でモルモットは野生化できるのか

近況 ネームペアプロ: 台詞や物語の筋を考えている 肩こり: ワクチン接種をして寝込んでいたら肩to首の筋肉が壊れた 労働 既存の設計に無理が出てきたので半壊させて組み直している 読書 読んだ うつ病九段 棋士がうつ病になって復帰するまでの体験記。おも…

週報 2022/02/06 コードレビューはコミットを新しい順に読むとわかりやすい説, アファンタジア被験者に応募した

近況 ワクチン接種3回目 近所の病院でモデルナが捨てるほど余っていると聞いたので打ちに行った。ワクチンを捨てるなんてとんでもないことだ。手元にはまだ接種券が来ていなかったが、2回目の接種証明書があれば打てるそうなので打つことにした。そういえば1…

週報 2022/01/30 社交ダンス, 耳式体温計, 音声入力

近況 労働 今週の出力は微妙でほとんどレビューをしていただけだと思う。メインお仕事でgenericsが使えるコードがあるので、go 1.18のリリースを心待ちにしている。 体調 何も考えずに毛布を増やしたら暑くて睡眠が悪化してしまった。体温調節は難しい。 読…

週報2022/01/23 キャラクタービジネス, 理不尽に耐えられない社会

近況 誕生日が過ぎてました。特に欲しいものもないので何も貰いません。 労働 重めのデバッグ業が発生しました。2営業日くらいかけて原因を特定しました。訳のわからないバグを突き止めるのはたのしいですね。 私は労働のモチベーションが暇つぶしなので、変…

週報2022/01/16 プログラミングと人文学の共通点

近況 労働 体調が最高なのでよい出力が出せています。アイデアがすぐに出てくるし、アイデアの実装もすぐに終わる状況です。集中力が高めで維持されているようですね。 体調 脚を暖めたらすべての問題が解決されました! しかも体重が減ってきました。実際に…

週報2022/01/09 生の理不尽さ, 勉強のしかた, 漫画のプラットフォーム

近況 労働 連休の最終日には働きたくないな〜と思っていたのですが、いざ労働してみるとふつうにこなせるのでした。しかし全力で仕事をする気はないので今年もゆるゆるやっていきます。50%出力くらいの気持ち。 体調 ユニクロで買った部屋着ズボンが暖かくて…

週報2022/01/02 悪意の出てこない物語

正月は実家に帰らず家の整理整頓に明け暮れています。工夫で家が広くなると嬉しいし実利もあります。リファクタリングです。 近況 労働 27日と28日に労働をして仕事が収まりました。 Rubyの型をつける方法を調べていて、公式のやり方がよいことがわかりまし…

2021年ふりかえり

お仕事 この一年は新規プロジェクトのメインエンジンとして働いていました。就労してからいちばんおもしろい仕事をやっている気がします。なんでおもしろいのかというと、珍しいシステムを作っているからです。前例がなくて検索しても答えは出てこないので、…

週報2021/12/26 内面同士の接続過剰

日記に書いた近況や考えごとをふりかえって週報としてまとめています。 近況 労働 実装をしていて、golangのinterfaceはすばらしいな、となりましたが、いやDIPが偉大だと思い直しました。 体調 冷えがひどくて何もできなくなったのが月曜日。ですが、その日…

すばやく調理するために必要な道具と技術

はじめに 道具 すぐにお湯が沸く鍋 中華鍋(鉄鍋) 電気ポット よく切れるペティナイフ 技術 味見 まな板を使わずに野菜を切る 味付け 塩味 旨味 常備するもの 野菜 肉 炭水化物 まとめ 補足: この方法で平日に作れるレシピには限りがある はじめに この一年…

アファンタジアFAQ

先日自分がアファンタジアであるのに気づきました。アファンタジアとは脳内でイメージ映像を思い浮かべられない認知特性のことです。小説を読んでも情景は映像化できませんし、動画を観たあとに光景が焼きつくこともありません。過去の体験を振りかえっても…

週報2021/12/18

日記に書いた近況や考えごとをふりかえって週報としてまとめてみる。 近況 労働: 相変わらず在宅勤務。設計をしてgolangを書きまくる日々。 体調: 冷え性でだるい。メンタルは平和。 余暇: 読書と日記。妻氏の漫画サポート。低優先度枠としてインターネット…

人生の土台となる読書――ダメな人間でも、なんとか生き延びるための「本の効用」ベスト30 作者:pha ダイヤモンド社 Amazon phaが新刊を出すというので買って読んだ。この本で紹介されていた橋本治という人が気になり、いろいろ読んでみた。たいへんよかった…

つるんでもひとり

インターネットの人たち、いや世の中の人たち一般はいつも敵味方をよく識別しているな、と思った。また、日常的なコミュニケーションでも特に障壁がなければ仲間を増やそうとしてくる。例えば漫画を勧めて読ませるとか。何を観ても「共感」で判断するとか。 …

「善き生」の問題

最近デカルトを読んでいて哲学には「いかにして真理に至るか」という問題と、「いかにして良き人生を送るか」という問題があることに気がついた。哲学にはギリシア時代からそういう問題意識があったようにみえる。 さて現代の人たちはこの問題にどう答えてい…

いみじくも勝手に行動する

さいきんになって「業務である程度勝手に行動してしまう」ことができるようになった。これまではわりと受動的だったのだが、自分でできる範囲ならば勝手に考えてドキュメントを書いたり喋ったりしてよいのに気づいたのだ。例えば、実装担当者としてチームに…

生活は簡単に変わらない

インターネットで生活術指南の記事を見ることは多い。しかし生活というものはそう簡単に変えられない。私も以前は「こういう工夫をしたら料理が楽になるよ」という記事を書いたことはある。だが今では少し考えが変わっている。 死の悲しさと生活が変わること…